STAFF

STAFF

執行役員

矢部千尋

労務管理は複雑で様々なイレギュラーケースがあり、お客様からよく質問を頂きます。そんな日々のやりとりや、助成金受給のサポートをする中での「ありがとう」が、この仕事の1番のやりがいです。人材紹介部門でも、入社するまではマッチングが上手くいっているか不安もありますが、「いい人(会社)を紹介してくれてありがとう!」と言われると、頑張れます。

執行役員

仁木慎彬

自分が労務管理等の仕事をする中で妥協をしないことが、沢山の労働者の方々を救うことに繋がると考えております。責任の重大さを日々感じながら、一つひとつの仕事に全力で取り組んでいます。責任ある仕事に従事しているということが、日々の活力となっています。自分の顧問先の労働環境が改善したとき、『妥協しなくてよかった。』と強く感じます。

手続きチームリーダー

小林麻衣

リーダー業務は初めてのため不安もあったのですが、周りの人に支えられながら日々奮闘し、みんなが笑顔でありながらも、切磋琢磨していける職場を目指しています。業務では自社や顧問先がより良くなるようなこと、新しいことはすぐに挑戦でき、また応援してくれる職場なので日々楽しいです。自分の成長にはいい環境と思い、写真のようにビューンと成長できるようにこれからも頑張ります!

手続きチーム

片山淳史

行政に提出する手続き全般の処理を主に担当しています。手続きは入社、退社、結婚、出産、怪我等、様々な処理が何度も発生します。お客様が「これはどこに提出するのだろう。何が必要なのだろう。」といった事に悩まないようにお手伝いをしたり、ちょっとした疑問の相談役として、お客様の会社を通してその先にいらっしゃる多くの従業員の皆様の役に立てるよう、日々の業務に精一杯対応していきます。

助成金チームリーダー

久保

助成金の受給提案業務を主に担当しています。一般的に、会社が資金調達する手段としては、多くの方がイメージするのは「融資」かと思いますが、助成金は融資と違って”返済不要の資金”となります。金額の多いものだと、年額1,000万円以上になる助成金もあり、用途としては従業員の育成や設備投資資金の補助など、会社としては、非常に有用なものが多くあります。助成金は、会社に応じて利用できるもの、できないものがあるので、顧問先企業様にとって、より有用となる助成金の受給手続きを今後も提案して参ります。

企画チーム

高原

政府が強力に推進している「働き方改革」では、「労働力不足の解消」「生産性向上」が求められています。そのような社会情勢の中、現在、ICTやRPA(Robotic Process Automation)を活用し、業務自動化・効率化に取り組んでいます。今は社内での活用ですが、いずれお客様にも業務自動化・効率化をご提案できるようにしていきたいと考えています。

仁木チーム

新井田こなつ

社労士の仕事は専門知識が必要で努力が必要な仕事ですが、周りのスタッフにサポートしていただきながら仕事に励むことができるので、とても良い環境で仕事をできていることに日々感謝しながら働いています。労働環境を良くしていくという使命と責任を持ち、顧問先や保険関係の手続を必要とする方々に喜ばれる仕事を心がけています。